our foreign workers

世界の優秀な人材と
企業の架け橋に

\どんな人材がいるのか/

人材を検索

BOWのサービス

初めての国際人材の採用でも安心!
数千人の求職者から最適な人材と支援をご提供しています。

企業様が安心して採用活動を行って頂けるようBOWは募集から入社後まで
トータルサポートを行っています。

image
image

BOWには、アジア6か国全26施設の日本語学校や大学などの教育機関や、職業訓練所などの送り出し機関との提携を行っております。
また、BOWの求職者専用サイトには4000人以上のフォロワーがあり、外国籍登録者とのコミュニケーションが可能なプラットフォームの活用も可能です。
公式サイトを活用して、約半年の期間で国内人材を50人以上採用した企業様の実績もございます。

image

候補者例

BOWでは外国籍登録者の多くが、日本語能力試験3級を保有し、9割以上が英語に強いため、
業務上でのコミュニケーションが取りやすいのも特徴です。

95%

年齢

20~35歳




90%

日本語レベル

N3以上




※N3:日常会話にある程度理解ができるレベル

90%

言語

英語可能

95%

日本での就業経験

3年以上

候補者例

image

M.D.H さん(23歳)
国籍:フィリピン
現在の在住地:茨城県
日本語レベル:N3
在留資格:特定技能1号(1年目)
分野:食品加工

image

S.Pさん(27歳)
国籍:スリランカ
現在の在住地:宮城県
日本語レベル:N2
在留資格:特定技能1号(2年目)
分野:外食

image

A.J.Dさん(25歳)
国籍:フィリピン
現在の在住地:群馬県
日本語レベル:N2
在留資格:特定技能1号(2年目)
分野:電子機器組立

image

S.B.Aさん(31歳)
国籍:バングラデシュ
現在の在住地:静岡県
日本語レベル:N2
在留資格:特定技能1号(2年目)
分野:宿泊

image

C.M.Jさん(22歳)
国籍:ネパール
現在の在住地:大阪府
日本語レベル:N2
在留資格:特定技能1号(2年目)
分野:介護

image

T.K.Hさん(28歳)
国籍:インドネシア
現在の在住地:インドネシア
日本語レベル:N3
在留資格:特定技能評価試験合格
分野:農業




料金について

BOWでは採用が決定するまでのコストは無料です。

採用決定まで

無料

採用時の紹介料/登録支援料

お気軽にお問い合わせください。

 042-316-9095
 info@boworld.co.jp

返金保証あり

ご紹介した人材が早期に退職した場合、紹介料の一部、または全額を返金させて頂いております。
返金額につきましては、退職までの期間やご契約時によって異なります。

1か月以内に退職した場合・・・紹介料の全額返金

3か月以内に退職した場合・・・紹介料の50%返金

image


お客様の声


外国人雇用をされている企業の皆様に採用後のお声を聞かせて頂きました。



お役立ち情報

BOWでは、国際人材採用をお考えの企業様、
及び現在すでにご採用中の企業様にも役立つ記事を随時ご提供しております。

blog image

2024年1月12日

今回は製造分野特定技能2号評価試験の様々な疑問について説明致します。 製造分野特定2号評価試験につ...

もっと読む
blog image

2024年1月12日

特定技能2号とは?メリットは? 初めに、在留資格の一つである「特定技能」についておさらいしてみまし...

もっと読む
blog image

2024年1月12日

1.はじめに 外国籍人材の雇用の場合にも日本人雇用と同じく様々な補助金、助成金の活用ができます。 ...

もっと読む


よくある質問

企業様からBOWによくお問い合わせのある質問をお答えさせて頂きましたのでご参考下さい。

日本語のレベルは実際にどの程度ですか?
候補者によりますが、例えば特定技能(1号)ビザの場合はJLPT日本語能力試験「N4」相当以上の日本語能力を有していることが条件です。
N4とは、「基本的な語彙や漢字を使って書かれた日常生活の中でも身近な話題の文章を、読んで理解することができ、日常的な場面で、ややゆっくりと話される会話であれば、内容がほぼ理解できる」と定められています。日々の業務の会話についても、ゆっくりと簡単な日本語を使用して会話すれば理解し合えるレベルです。ただし中々イメージがつきにくい方もいらっしゃるかと思いますので是非候補者の中から実際に面接をご体験ください。
生活の準備などについてはどこまで用意すればいいですか?
例えば特定技能(1号)ビザの場合、法務省による規定で日本での就労・生活に関わる事項10項目が企業様の「支援」義務として定められており、例えば就業者ご本人が住居を確保するために必要な契約に関する補助が必要となります。住宅の場合、連帯保証人が必要な場合はその手続き、契約手続きの際の補助などが求められています。
企業様にてこの義務的支援が困難である場合はBOWのような登録支援機関に委託することが可能です。

面接まで最短2日!採用決定まで¥0! 外国籍人材採用を考えている方は